恋しくなるほど風俗好きな僕の体験談です。

恋しくなる風俗…

時にはデリヘルが恋しいんです

時に風俗が恋しくなる時だってあるんですよね。そんな時には何となく風俗のポータルサイトを覗いてどんなものがあるのかなってチェックするようにしているんですけど、デリヘルが恋しくなることの方が多いような気がするんですよね。デリヘルの場合、いつでも利用出来る点はメリットだと思うんですけど、それ以上に大きなメリットは恋人気分を味わえるので、女の子に飢えている時でも有効なんじゃないかなと(笑)女の子に飢えている時って抜きたい気持ちもありますけどそれ以上に女の子って存在そのものを楽しみたい気持ちになるじゃないですか。女の子は風俗店にもたくさんいますけど、プライベート感を味わいたいって時にはやっぱりデリヘルが一番なんじゃないかなと思うので、ついついデリヘルが恋しくなってしまうシチュエーションもあるんですよね。でもデリヘルであれば恋しいなって思った時にすぐに利用することも出来るので、その点ではとても便利だなとも思いますね。

禁欲って訳じゃないんですが

禁欲していた訳じゃないんですけど、三ヵ月くらい風俗はおろかオナニーさえしていませんでした。性欲の存在を忘れさせてくれるくらい仕事が立て込んでいたって話なんですけど、でもそのおかげで、前回のデリヘルが相当なものになりました。やっぱりこれだけ抜いていないってことは、いわば自分のモノがただおしっこをするだけのものになっていたってことで性的な刺激そのものに対して敏感になっていた部分もあると思うんですよね。だから物凄く気持ち良かったんだと思うんです。ここまでデリヘルというか、風俗で敏感になっていたのって自分でもあまり記憶にないんですよね。相手の女の子のテクニックよりも、言うなれば自分自身のコンディションですよね。だから適度にオナニーをして自分自身のモノを刺激しておくことは、男として案外大切なことなんじゃないかなって思うようになりました(笑)ただ、敏感だったので結局3発出したんです。つまりはコスパは良かったです(笑)